分析で分かるPCBを始めとする有害物質|検査で廃棄物を安全に処理

グラフ

処理期限が迫っています

PC

PCBは安定した絶縁体ですが、様々な毒性があることが分かっています。日本ではPCB処理特別措置法が制定され2016年7月までに処理することが義務付けられました。ただし、PCB廃棄物の種類や濃度によって処理方法が異なりますから、事業者は濃度分析を行う必要があります。

Read More...

有害物質を見つける手段

グラフ

有害物質と認められるまで、PCBは工場で多用されていました。だからPCBが含まれる電気機器が開発されたのです。現代ではPCBの使用が禁じられています。しかし古い電気機器が壊れると処分過程でトラブル発生のリスクが生じるため、将来的に分析代行サービスが多用されるのは確かです。

Read More...

有害物質の有無を確認

グラフ

科学技術が進歩すると有害物質だと認定される事があります。食中毒事件で有名になったPCBもその一つです。有害物質が含まれた機器を通常の手順で廃棄すると、新たなトラブルを発生させるリスクがあります。そのためトラブルを未然に防ぐ意味で有効な、分析代行サービスが人気になると予測されているのです。

Read More...

今後の動向や人気の理由

臭いカットの効果も期待できますよ!マイクロバブル装置の導入なら、こちらへご相談ください!魅力ある性能を提供致します!

PC

PCBとはポリ塩化ビフェニル化合物の略称です。かつては電気機器用の絶縁油や各工業において冷却や加熱用の熱媒体などに用いられてきました。しかし脂溶性が高く、体内に蓄積されると毒性を示すことから、現在では生産や使用が禁止されています。しかし、現在でもPCBを含む製品の処理が続いています。様々な企業の分析システムを導入して、製品にPCBが含まれているか調査しています。また分析等でPCBが検出されると処理をする必要がありますが、その処理方法も時代の変遷により変わってきています。かつては焼却による処理が主流でしたが、近年では新たな処理方法も開発されてきています。今後は環境に配慮した処理方法が主流になると予想されます。

PCB分析は電気機器等に含まれている微量なPCBを検出する方法として非常に重要な分析方法です。現在では様々な会社がPCB分析を提供しています。その中でも分析機器メーカーの関連企業であるような会社の分析システムは注目を集めています。その理由としては、有機顔料やノンカーボン紙や橋梁廃塗膜など様々な製品に関しても実績が豊富であることなどが挙げられます。これは各方面からの様々なニーズに答えることが可能であることを示しています。処理基準等は明確な規定があるため、実績のある企業で分析を行ってもらう方が安心感があるでしょう。またこのような会社では測定に関して、しっかりしたマニュアルが制定されているので信頼も高いでしょう。このようなことが人気の理由となっています。

顕微鏡を使えばより細かい部分まで観察をすることができます。マイクロスコープとは何かを知らない人も詳しく知れば魅力がきっと分かります。

専門技術を要するハステロイ加工はこちらに依頼しましょう!豊富な経験とキャリアを持った職人が作業を行います。

金属加工で出る油などを回収することが出来るオイルスキマーを導入したい方はこちらで取り扱っている製品がオススメですよ。