分析で分かるPCBを始めとする有害物質|検査で廃棄物を安全に処理

グラフ

有害物質を見つける手段

機械に含まれる有害物質

グラフ

PCBが社会から問題視されるようになったのは、一万人を超える被害者を出した食中毒事件が発生したからです。それ以前はPCBは電気機器や機械の製造時に利用される物質でした。よって現代社会で使用される機械の中にもPCBが含まれる可能性があるという事です。 しかし製造時に素材として使われた機械は記録に残っています。そのため廃棄方法を注意するだけで大きなトラブルに発展する事はありません。問題はPCBが意図せず混入された機械です。製造で用いられる工場では様々な機械を作っています。そのため事前に作成していた機械で使用した化学物質が混入するというケースが多いのです。有害性が認められていなかった頃は警戒していなかったために生じた悲劇だと言えます。

調査代行サービスが流行

現代ではPCBを使用する事は法律で禁じられています。そのため新しく製造された機械に対して注意をする必要はありません。その代わりに注意すべきは壊れた古い機械です。壊れた機械は処理専門の設備を通して廃棄処分されます。 余計なトラブルの発生を避けるため注目されているのが分析をする業者です。排気前の電気機器の分析を依頼された業者は、蓄積されたノウハウを用いて業務遂行をします。極めて高い精度の分析が可能であるため、ユーザーから信頼されているのです。 今後は分析代行サービスを利用する企業が増えると言われています。PCBが使用されていた時代の機械が壊れる事が増えているからです。それによりPCBの存在を不安に感じた企業は、分析代行サービスを頼る事になります。